引越しをする時にはいろいろと手続きが必要ですが、仕事を持っていると大変なのが市役所でしかできない手続きです。住民票の転入と転出といったものがあるので、少なくても二度は行かざるを得ません。平日しか市役所は開いていないので、引越し以外でもまたさらに休暇を取らないといけないということになってしまうのです。
引っ越しを完了させたら、市町村役場で各種の手続きをしていく必要があります。
後、地域の警察署に行って、新しい住所にする必要もあるでしょう。基本的には、住民票の写しを差し出すと、すみやかに手続をしてくれます。手続きが終わった免許の裏面には、新しい住所が印刷されています。全国共通の引っ越し必須グッズがあります。荷造りをするときに使うもので、ダンボールの他、テープ、ひもなどは絶対必要です。
簡単に入手できるものばかりですが、多くの引っ越し業者では、見積もりから契約成立の間に、こうした梱包材を無料で必要な分だけもらえることが多いのです。
契約の時にたくさんもらえたのに先に買ったものが無駄になったと泣かないように見積もり依頼の際にはどうなっているのか知っておきましょう。
思いもよらない問題に突き当たるのが引っ越しですが、IH完備の家でなければ、ガスコンロをどうするかが問題になってきます。自分の場合は新築に引っ越したので新しいガスコンロが用意されていましたが家具が備え付けられた住宅の場合には、今使っているガスコンロを引き続き使った方が良いかもしれません。注意しなければならないのは、ガスの種類です。
転居前のガスコンロが使えないこともあるのでガスコンロを転居後も使おうとするか、新しく買う予定であれば使いたいコンロが使用可能か、注意してください。最近引っ越したのですが、引っ越し当日までに大変な労力を使いましたね。
マンションから転居したので、引っ越し業者に、自分で運べない荷物を依頼したんです。近所に引っ越したこともあって、お金を浮かせようと自分で運べそうなものを残しておいて引っ越しの前日までに台車を借りて運び出し、なんとか移動できました。台車一台で、よくも運んだものです。どんな引っ越しでも同じなので誰でも思い当たることでしょうが、もとの住まいで、ガスの契約を打ち切らないといけません。私も、世帯での引っ越し経験があります。
解約はそんなに難しいわけではありません。
きちんと解約手続きを終わらせないと転居後に使われた分も請求されてしまいます。抜け落ちないよう注意しましょう。
また、転居した月の月末まで自分が支払うルールになっています。
物件探しについてなのですが、近くの不動産屋さんを利用して、見つけることができました。その不動産屋さんの人がとても丁寧に対応してくれたので安心し、おすすめとして提示された部屋の一つに決めたのでした。
違う不動産屋さんも行こうかなと考えてましたけど、よそのお店のサイトに載っている物件も紹介できると担当者さんに教えてもらったので、お店のハシゴはせずに、帰ることにしました。引っ越しの手順は、やりたくないことばっかりだなと感じますが、水道の開栓は電話でも可能だそうです。
たいそうな話ではないと思いますが、なぜだか、非常に嬉しいです。喜びついでに、電話するタイミングも調べてみると、3~4日前までにと書いてありました。
早々に、電話してみます。
近頃では、だいぶん廃れてしまったようですが、引っ越しが終わったら、家族や引っ越しに関わった人たちと当たり前のようにソバを食べる、という面白い習慣が、かなり以前からありました。
どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけて細く長くお付き合いを致しましょうという、願いが込められていますし、この度お「ソバ」に引っ越してきたので、以後お見知りおきを等という洒落っ気も込めて引っ越し先のご近所に配ったとされており、江戸時代あたりから見られる習慣のようです。
引っ越して、住所が変更したら、なるべく早く、国民健康保険の資格喪失手続きと併せて、加入手続きもしておきます。
資格喪失は、旧住所で手続きができて、新しい住所の役所で、加入手続きについては行うことになります。
届けに必要なものは、国民健康保険証と印鑑と、それから本人確認書類を何か用意して届け出に行きましょう。面倒ではありますが、同じ市区町村内での引っ越しであった場合でも、提出しないといけないのが、転居届ですので、注意します。
家族の事などを考えて家と土地を買ったのですが、契約締結をするためにはちゃんとした実印と印鑑証明書がいる、ということについてまったく知らずにおりました。以前、印鑑登録だけは親が代理で済ませておいてくれましたけれど、今回は他の市から越してくる形ですから、転居先の市で役所に赴き改めて登録しないといけません。仕方がないのでバタバタと登録しに行ってとても気忙しい思いをしたものです。
近い場所への引越しの際は、大手の引越し業者に比べ、地元密着型の引越し業者がよりいい場合もあります。地元密着型の引越し業者というのは、料金が安くて細かい要望にも応じてくれるところが多いです。また、自分で運べるような荷物は自分で運んでから、大型の家具や家電だけ引越し業者に頼むと、引越し料金を節約できる可能性があります。友達が紹介してくれて引越しのサカイに見積もりを提出してもらいました。
とても気持ちの良い営業スタッフがやって来て、しっかり相談にのってくれたのです。
思いのほか安価な見積もりだったので、その日に即断しました。
引越し自体もものすごく丁寧に作業してくれて、言うことなしです。
私は地方出身なので、これまで3回引っ越しを経験しています。
進学や就職のたびに引っ越ししてきましたが、どうしても荷作りに手間取ってしまいます。単身者が引っ越す場合、私の経験では値段は高くても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使えば頑丈で運びやすい荷物が作れるということです。スーパーで分けてくれるダンボールや、クラフトテープとは運んだときに差が出ます。
途中で荷物が壊れないようにするためにも、妥協せず手に入れましょう。引越しをしたときは、思いきって古くなったテレビを処分し、新しい大画面のテレビを手に入れました。
新居はリビングを大きくつくったので、大型で緻密な画像で、テレビを楽しみたくなったからです。新しいテレビを置くだけで、リビングの印象が一変し、豪華な雰囲気になって満ち足りた気持ちです。